2019年 ユーレイルパスとは

日本の旅行会社に鉄道チケットを卸し続けて20年以上、そんな鉄道マニア 白川純 がお届けするヨーロッパ鉄道シリーズ

今回は2019年度のユーレイルパスのお話です。

ユーレイルパスとは

ユーレイルパスとはヨーロッパ鉄道の周遊券。大きく分けると下記の4つに分かれます。

  • ユーレイル グローバルパス
  • ユーレイル スカンジナビアパス
  • ユーレイル ベネルクスパス
  • ユーレイル ワンカントリーパス(23種類)

グローバルパスにイギリスが追加

2019年01月01日からユーレイルグローバルパスの適用国にイギリスが追加されました。

同時にリトアニアとマケドニアも追加されて合計31か国がユーレイルグローバルパスの適用国になりました。

  1. Austria(オーストリア
  2. Belgium(ベルギー)
  3. BosniaHerzegovina(ボスニアヘルツェゴビナ)
  4. Bulgaria(ブルガリア)
  5. Croatia(クロアチア)
  6. CzechRepublic(チェコ)
  7. Denmark(デンマーク)
  8. Finland(フィンランド)
  9. France(フランス)
  10. Germany(ドイツ)
  11. GreatBritain(イギリス)
  12. Greece(ギリシャ)
  13. Hungary(ハンガリー)
  14. Ireland(アイルランド&北アイルランド)
  15. Italy(イタリア)
  16. Lithuania(リトアニア)
  17. Luxembourg(ルクセンブルグ)
  18. Macedonia(マケドニア)
  19. Montenegro(モンテネグロ)
  20. Netherlands(オランダ)
  21. Norway(ノルウェー)
  22. Poland(ポーランド)
  23. Portugal(ポルトガル)
  24. Romania(ルーマニア)
  25. Serbia(セルビア)
  26. Slovaika(スロバキア)
  27. Slovenia(スロベニア)
  28. Spain(スペイン)
  29. Sweden(スウェーデン)
  30. Switzerland(スイス)
  31. Turkey(トルコ)

セレクトパスの廃止

2019年01月01日からユーレイルセレクトパスが廃止されました。

2か国・3か国・4ヵ国の組合せのユーレイルセレクトパスは購入できません。

ただ、ユーレイルグローバルパスのフレキシータイプが旧セレクトパスの4ヵ国の料金に近い料金設定になっております。

1か国パスはそのまま継続販売されています。

ヨーロッパ鉄道チケットセンターの『おまかせ予約』で申込むと、どのようなユーレイルパスとの組み合わせの方がお得なのか、お勧めの組み合わせで手配してもらえます。

セーバー料金の廃止とシニア料金の新登場

2019年01月01日から2名以上同一行動で割引になる“セーバー料金”が全てのユーレイルパスからなくなりました。

ただ同時に新しくシニア料金(60歳以上)が登場しました。

ユーレイルパスだけでは乗車できない列車

個々に座席予約が必要な列車がヨーロッパには数多く運行されております。ユーレイルパスには座席予約料が含まれておりません。

ユーレイルパス所有者の座席予約について

最初にヨーロッパ鉄道予約の仕組みについてお話します。

列車の種類は大きく分けると下記の3つに分かれます。

  • 全席自由席列車
  • 任意予約列車
  • 全席指定列車

全席自由席列車

全席自由席列車はユーレイルパスだけで乗車可能。主に在来線で運行されております。満席でも立って乗車可能。逆から考えると事前に座席指定をすることができない為、必ず座れる確約ができない列車。

任意予約列車

任意予約列車とは必ず座りたい方は指定券を追加購入できる列車。もちろん満席でも立って乗車可能なので指定券を追加購入するのは必ず座りたい方のみでOK。

全席指定列車

全席指定列車とは必ず座席予約しなければならない列車。

ユーレイルパス所有者は列車の機材によって下記のチケットのどちらかを購入。

  • 指定券(例:氷河急行etc)
  • 鉄道パス割引チケット(例:TGVetc)

指定券と鉄道パス割引チケットの違い

<指定券> と <鉄道パス割引チケット> は “追加料金” という言葉を使うと同じ意味になります。

ただ、実際のところ全席指定列車は下記の2種類に分かれています。

  • 指定券+乗車券の2枚の組合せで乗車する列車
  • 特別専用チケット(鉄道パス割引チケット)の1枚で乗車する列車

いずれも早い者勝ちで満席になり売り切れてしまいます。

ただ、鉄道パス割引チケットにおいては販売枚数が少なく満席になる前に売り切れることもあります。

つまり当日駅窓口で鉄道パス割引チケットが既に売り切れていて通常料金のチケットしか購入できず、せっかくユーレイルパスを購入したのに活用することができなかったという状況に陥る危険性があります。

よって特別専用チケットに乗車する場合(特にフランスの場合)はユーレイルパスを購入する前に、鉄道パス割引チケットが既に売り切れていないか確認することが重要。

ヨーロッパ鉄道チケットセンターの『おまかせ予約』で申込むと、申込時点での空席状況に応じてお勧めのユーレイルパスの組み合わせで手配してもらえます。

おまかせ予約

おまかせ予約とは、列車の選択・座席の選択・チケットの組合せなどを鉄道マニアに全て“おまかせ”してチケットを予約したい方の申込方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です