ThelloDayTrain

2021年07月01日をもって残念ながら運行がが終了しました。

過去の歴史ではフランスとイタリア間の列車は運行終了と運行再開を繰り返しているのでこのままこのページは残しておきます。


 フランスとイタリアを結ぶ国際特急列車Thello(私鉄)。
 地中海沿岸の景勝路線を運行しております。
 スイスからのパノラマ車両が同じ線路を通ってニースまで運行していた時代も過去にありました。現在はスイスのパノラマ車両は別の路線で運行されております。
 イタリア国鉄とフランス国鉄とはあまり仲が良くなく一時は直通運行が中止され国境駅での乗り換えする時代がありましたが、私鉄(Thello社)が運営権を獲得したことで直通列車の運行が再開されました。
 私鉄であっても鉄道パス所有者は割引料金で購入が可能。更にフレキシータイプの鉄道パスにおいては1日分カウントする必要がありません
 ただ1ヵ国(フランス側のみorイタリア側のみ)の鉄道パス割引料金よりも早期割引料金の方が安いことの方が多く、もし早期割引料金が売切れの場合は鉄道パス割引料金も同じく売り切れていることが多いです。

座席位置の確約

Thelloデイトレイン予約:下記のような座席を確約して手配します。

  • 窓側・通路側 座席
  • 隣同士の座席
  • 一人掛け座席
  • 三人掛け座席(横並び)
  • テーブル付一人掛け座席の向かい合わせ座席
  • テーブル付四人掛け座席
  • リクライニングしても気を使わない後ろが壁の座席
  • 幼児用コンパートメントの座席


車両の種類


1等車両

 オープンサロンタイプで通路挟んで1席+2席の配列。

 110度までのリクライニングが可能で座席の幅は63cm。

 全座席に電源あり。

 荷物の持込制限(縦×横×高の合計が160cmのスーツケースを2つまで)あり。

 

2等車両

 オープンサロンタイプで通路挟んで2席+2席の配列。

 105度までのリクライニングが可能で座席の幅は53cm。

 全座席に電源あり。

 また1両だけ車椅子用座席がある車両があり通路を広くするために1等車両と同様に通路挟んで2席+1席の配列の車両が連結されております。一人旅の方は、この車両を選択することで2等座席でも他人と相席にならない一人掛け座席で旅を楽しむことができます。

 荷物の持込制限(縦×横×高の合計が160cmのスーツケースを2つまで)あり。

お勧め座席


このエントリーをはてなブックマークに追加