【ミラノ発サンモリッツまで】ベルニナ線で国境越えの旅

イタリア~スイス間の国境を超えるメインルートは、ジュネーブ/ベルン方面のシンプロン経由と、ルツェルン/バーゼル/チューリッヒ方面のゴッタルド経由です。ただ、純粋な都市間移動という枠組みを無視すれば、ティラノを経由してベルニナ峠を抜けて行くルートもあります。 レーティッシュ鉄道のベルニナ線は、世界遺産として非常に有名ですが、移動の途中に乗車するというのがあまり一般的ではなく、イタリア側が紹介されることもほとんどありません。実際、イタリア側はごく普通のローカル線で、スイス側のような華やかさこそありませんが、コモ湖畔沿いを筆頭に紹介されないのが不思議なくらい景色はかなりきれいで、私の著作物では可能な限り紹介するようにしているほどです。 今回は、ミラノを起点として、そのイタリア側を含めてサンモリッツまでの旅をご紹介します。夏休み編もいよいよイタリアを出て、スイスへ突入します。

Frecciarossa1000~Viaggia tra Venezia e Milano / ヴェネツィア~ミラノ間フレッチャロッサミッレの旅

夏休みの冒険旅続編。 ヴェネツィアからミラノへ移動…なのですが、お昼過ぎに「最後の晩餐」の予約があるにもかかわらず、朝のフレッチャロッサが満席で予約できず、ギリギリの列車で移動することに…ミラノ中央駅到着は、最後の晩餐の予約時間の30分前!果たして、無事に移動して最後の晩餐を鑑賞できるのか…?!

Viaggia tra Ancona e Roma per InterCity / アンコーナ~ローマ間インターシティの旅

夏休みの冒険旅続編。 アンコーナに到着後、インターシティでローマを目指します。アンコーナからファルコナーラまでは日立製2階建て電車ロックに乗車し、そこでインターシティに乗り換えます。山岳地帯の美しい車窓風景、そして200Km/hで走行する高速新線の様子をお楽しみください。

【チェコ帰国編】規制緩和されたヨーロッパを国際列車で旅してみた

2020年から猛威を振るっているコロナウィルス(COVID-19)。夏に少し減ったものの、秋から冬にかけて再び感染者数が増え、EU各国も渡航を規制していました。2021年5月になり、各国でワクチン接種が進むと、徐々に感染者数も減り、6月には渡航を再開させる国が増えてきました。 ドイツからポーランド、オーストリアと旅をしてきましたが、今回はチェコへの帰国編。国際列車ユーロシティに乗車し、プラハを目指します。 ※一部、小声で話さなければならず、声が聞き取りづらいところがありますがご了承ください。

【ナイトジェット後編】規制緩和されたヨーロッパを国際列車で旅してみた

2020年から猛威を振るっているコロナウィルス(COVID-19)。夏に少し減ったものの、秋から冬にかけて再び感染者数が増え、EU各国も渡航を規制していました。2021年5月になり、各国でワクチン接種が進むと、徐々に感染者数も減り、6月には渡航を再開させる国が増えてきました。 今回は、ドイツのベルリンから夜行列車ナイトジェットに乗車。ポーランドを通過し、オーストリアのウィーンまでの国際列車の様子をリポートします。長時間に渡るため、前後編の2部構成となります。 ※一部、小声で話さなければならず、声が聞き取りづらいところがありますがご了承ください。