FrecciaRgento

 フレッチェアルジェントとは時速250kmのイタリアの高速列車で高速路線と従来の在来線にも乗り入れ東海岸と西海岸を結んでおります。

  • ETR700型:Bar車両が連結
  • ETR600型:Bar車両が連結
  • ETR485型:食堂車が連結

 ETR700の “犬顔 “はオランダ鉄道博物館にある車両と酷似しております。実はETR700は元々オランダ国鉄がイタリアのアンサンドブレダ社(車両製造会社)に発注した機材でしたが色々と問題がありイタリアに返品されておりました。その後、日本企業の日立がアンサンドブレダ社を買収しETR700を改修してFrecciaRegentoとしてイタリアで再デビューさせたもの。

座席位置の確約

フレッチェアルジェント予約:下記のような座席を確約して手配します。

  • 景色の妨げとなる柱の位置を避けた座席
  • 窓側・通路側 座席
  • 隣同士の座席
  • 一人掛け座席
  • テーブル付一人掛け座席の向かい合わせ座席
  • テーブル付四人掛け座席
  • コンパートメントタイプ(個室タイプ)の座席
  • 荷物置場近くの座席
  • リクライニングしても気を使わない後ろが背中合わせの座席


車両の種類


1等車両

 オープンサロンタイプで通路挟んで2席+1席の配列。

 ウェルカムドリンクと新聞雑誌のサービスがあります(Roma空港駅~RomaTermini駅間はサービスなし)。

 革張り座席で高級感がありますリクライニング機能あり。

 ETR700のみ全席に電源とUSBあり。ETR600とETR485は電源のみ。

 

2等車両

 オープンサロンタイプで通路挟んで2席+2席の配列。リクライニング機能なし。

 2等座席だからと言って狭すぎるという感覚はありません。座席の大きさよりも車内の雰囲気として賑やかなことが多いので、日本の新幹線のように静かに旅行を楽しみたい場合は1等車両をお勧め。1等車両は比較的新幹線に近い雰囲気です。

 尚、ETR700型にのみプレミアム座席が設置されております。通常座席との違いは革張り座席で飲み物と新聞雑誌サービスがあります。更にユーレイルパス割引料金が残念ながらありません。

 ETR700のみ全席に電源とUSBあり。ETR600とETR485は電源のみ。。

お勧め座席


このエントリーをはてなブックマークに追加