Eurocity

 ユーロシティ(EuroCity)とは、国をまたいで運行している国際特急列車の総称です。
 国際列車はブランド名がついているユニット制の列車もありますが、このページでは(上記の路線図は)各国鉄の客車が混合編成で運行しているユーロシティのご案内です。
 特徴は様々な色の客車が連なっており、国境駅で客車はそのままで機関車だけを交換して長距離を運行します。
 ドイツ鉄道の客車・チェコ国鉄の客車・スロバキア国鉄の客車・ハンガリー国鉄の客車など一つの編成に複数の国鉄の客車が連なっておりヨーロッパならではの編成です。
 旅客需要によって、運行路線が定期的に見直されます。つまりヨーロッパ人に人気のある路線にユーロシティが導入されるのでこれから旅行プランを考える時に参考になります。

座席位置の確約

ユーロシティ予約:下記のような座席を確約して手配します。

  • コンパートメントタイプの窓側・通路側 座席
  • オープンサロンタイプの窓側・通路側 座席
  • 景色の妨げとなる柱の位置を避けた座席(一部のユーロシティ)
  • ファミリーエリア(一部のユーロシティ)
  • 食堂車の座席(一部のユーロシティ)

車両の種類


1等車両

EuroCity1等座席写真

 列車によってはコンパートメントタイプのみの列車やオープンサロンタイプのみの列車もあります。

 オープンサロンタイプは座席表が未発表。経験上、隣同士や一人掛け座席と予想される座席番号を確保することもできますが、あくまで予想であり確約ができません。

 一方、コンパートメントタイプの車両は、どの国鉄の車両でも同じ座席配列になっているので確約可能です。

 JRには少ないので、旅の思い出としてユーロシティに乗車の際はヨーロッパならではのコンパートメント車両をお勧めします。

 主要都市の駅にあるビジネスラウンジも利用できます。

 

2等車両

EuroCity2等座席写真

 ほとんど列車にコンパートメントタイプの車両が連結されておりますがオープンサロンタイプの車両は連結していない列車も存在します。

 オープンサロンタイプは座席表が未発表。経験上、隣同士や一人掛け座席と予想される座席番号を確保することもできますが、あくまで予想であり確約ができません。

 一方、コンパートメントタイプの車両は、どの国鉄の車両でも同じ座席配列になっているので確約可能です。

 JRには少ないので、旅の思い出としてユーロシティに乗車の際はヨーロッパならではのコンパートメント車両をお勧めします。

 2等座席は狭いので、向かいの人と足がぶつかることがあります。

 



食堂車

EuroCity食堂写真

 鉄道の旅の醍醐味の一つである食堂車での食事。食堂車廃止傾向がある日本とは異なりヨーロッパでは現役で活躍しております。

 基本は事前予約を必要とせず先着順で座れます。ただ、ドイツ発着の下記のユーロシティにおいては日本から事前予約も可能(連結区間は定期的に変更あり)。

・予約可能区間
ZurichHB – Mannheim
Mannheim – Koln
Koln – Bremen(EC6)
Koln – Hamburg(EC8)
・予約可能区間
Bremen – Koln
Koln – Mannheim
Mannheim – Zurich

お勧め座席

このエントリーをはてなブックマークに追加