DSB Intercity

DSBインターシティとはデンマークの特急列車。機材は2種類(IC3型/IC4型)。
IC3は正面が四角形のゴムで囲われているような感じで不格好な列車。この不格好さが人気。
三両で1ユニット編成で、真ん中の車両にはドアがなく、車内では緊急時に窓を割る専用の斧も設置されています。
同じ機材がスペインにも輸出されてMDの594型として運行されています。

ちなみにIC3の花形路線として列車を船に乗せてドイツとデンマークの国境越えをする「渡り鳥ライン」が鉄道ファンには人気でしたが今は廃止されて一時的に迂回路で運行されています。現在、海の下でトンネル工事が着々と進んでおり近い将来海底トンネルが開通すると大幅に所要時間が改善される予定です。



車両の種類

1等車両

 IC3には同じ一等車両内にゆったりしたエリア(通路挟んで1席+2席)と窮屈なエリア(通路挟んで2席+2席)の2つがあります。もちろんゆったりとしたエリアをお勧めします。

 IC4は通路挟んで1席+2席のオープンサロンタイプ。

 ミネラルウォーター・コーヒー・紅茶は車両後部にある棚から自由にとることができます。

 また、座席に座るとフルーツ・チョコレート・パンケーキを持ってきてくれ欲しいものをもらうことができます。

 清潔さはドイツICEに匹敵するくらいで快適さはかなり評価が高いです。

 また、デンマークの主要駅にあるDSBラウンジを利用できます。

 


2等車両

 ICE3もIC4もオープンサロンタイプで通路挟んで2席+2席の座席配列。

 紅茶やコーヒーの無料サービスはありません。

 2等でも快適ですが1等との差額を考えると1等の方がかなりお得感があります。



お勧め座席

1等車両

DSBインターシティ座席表
テーブル付一人掛け座席の向かい合わせ座席

2等車両

DSB Intercity 座席表
テーブル付四人掛け座席の窓側座席



座席位置の確約

DSBインターシティ予約:全て同じ料金で下記のような座席を確約して手配します。

※IC4機材の座席配置は「確約」ではなく「予想」できます。

  • 窓側・通路側 座席
  • テーブル付一人掛け座席の向かい合わせ
  • テーブル付三人掛け座席
  • テーブル付四人掛け座席



このエントリーをはてなブックマークに追加