氷河急行

日本の旅行会社に鉄道チケットを卸して続けて20年以上、 そんな鉄道マニア 白川純 がお届けするヨーロッパ鉄道シリーズ。

今回はスイスの氷河急行のお話です。

閑散期・通常期・繁忙期の3つ料金帯

氷河急行は指定券と乗車券の2枚のチケットで乗車します。

  • 指定券:乗車日(閑散期・通常期・繁忙期)によって料金が変動
  • 乗車券:距離によって料金が変動

短い距離は予約できない!?

以前は氷河急行のBrig⇔Zermatt間などの短い区間は乗車することができませんでした。

ただ現在は短い区間でも乗車することができるようになり事前予約も可能になりました。

食堂車が廃止されたというのは本当?

氷河急行の食堂車は残念ながら廃止されました。

現在は、座席まで食事を運んでくる「食事サービス」になりました。

当日、売り切れで買えないことを避ける為に事前に食事サービスを予約することも可能です。

スイストラベルパスは本当にお得なの?

スイストラベルパスというスイス鉄道の周遊券があります。路面電車などの市内交通にも適用できるスイス国内において最強の鉄道パスです。

ただ、難点は スイストラベルパスが高額 であること。

予算を優先する場合は

スイストラベルパスを購入する前に スイス半額カード + 半額乗車券 との組合せと比較すること。

経験上、多くのケース(旅程)でスイス半額カードとの組合せの方が安くなります。スイストラベルパスは最終手段です。

特に、登山鉄道やロープウェイをたくさん利用する方には料金比較することを強くお勧めします。

ヨーロッ鉄道チケットセンターの『おまかせ予約』を利用すると、スイストラベルパスの方が経済的か、スイス半額カードとの組合せの方が経済的か、一番経済的な組合せで手配してもらえます。

スイストラベルパスとユーレイルパスの違いは何?

スイス国内を適用する鉄道パスにはユーレイルグローバルパスという商品も存在します。

ユーレイルパスはスイス単独ではなく適用国31か国の中にスイスが含まれているというヨーロッパを周遊する方にお勧めの鉄道パス。

発行している会社(スイストラベルパス:SBB社/ユーレイルパス:Eurail社)も異なります。

スイス国内の鉄道の適用範囲はどちらもほぼ同じ。

主な違いは下記の3つ(詳細に言うと他に違いはたくさんあります)。

  • スイス国内の主要都市交通機関(路面電車など)はスイストラベルパスは適用され、ユーレイルパスは適用されません
  • 登山鉄道とゴンドラ(ロープウェイ)の割引率
  • ポストバスはスイストラベルパスは適用され、ユーレイルパスは適用されません

登山鉄道やポストバスなどを使用しない場合は

31か国適用のユーレイルグローバルパスで スイス1か国だけ を利用する方が経済的になる可能性も予想されます。

 

ヨーロッ鉄道チケットセンターの『おまかせ予約』を利用すると、スイストラベルパスの方が経済的か、ユーレイルグローバルパスとの組合せの方が経済的か、一番経済的な組合せで手配してもらえます。

 

おまかせ予約

おまかせ予約とは、列車の選択・座席の選択・チケットの組合せなどを鉄道マニアに全て“おまかせ”してチケットを予約したい方の申込方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です