ICD

 ICD(InterCityDirect)は国際線特急列車でもともとFyraという名前で営業をスタートしました。
 当初、新車のFyra と オランダ国鉄のInterCityを改装したリノベーション版のFyra と 2種類で運行開始されました。
 運行開始してまもなく新車のFyraの車両に重大な不具合が見つかり工場にもどして解決へ向けて努力されていたのですが、結局、不具合が解決できず新車のFyraは復活することができなくなりました。
 そういった歴史的事情もあり、リノベーション版のFyraだけでの運行になり、名称もFyraからInterCityDirect(ICD)へ変更されました。

 ちなみに、不具合が解決できなかった車両はイタリアの鉄道メーカーの工場に戻され改良された後、ETR700型の高速列車として生まれ変わりイタリア国内で運行しております。

座席位置の確約につて

 ICD予約:全席指定列車ではありません。

 予約なしで空いている座席に座れます。

特別ルール
下記区間でEUR2.60の追加料金(ICDサプリメント)が必要という珍しいルールがあります。
・Schiphol空港~Rotterdam(地図上の赤線)
ICDサプリメントはプラットホームの発売機や駅窓口やオフィシャルサイトで購入できます(日本へは輸出されていません)。
例外として国際列車(ベルギー発着)として乗車する場合はICDサプリメントが免除されます。

車両の種類


1等車両

 オープンサロンタイプで通路挟んで1席+2席の座席配列。

 ノートパソコン用のコンセントも設置されています。

 更に1等座席のメリットとして、Schiphol – Rotterdam間においてはドリンクサービスがあります。

 駅においてRegusExpressラウンジの利用も可能なので快適な待ち時間を過ごせます。

 

2等車両

 オープンサロンタイプで通路挟んで2席+2席の座席配列。

このエントリーをはてなブックマークに追加