TGVに2人で乗る時は 1等座席 をお勧めする理由

日本の旅行会社に鉄道チケットを卸し続けて20年以上、そんな鉄道マニア 白川純 がお届けするヨーロッパ鉄道シリーズ

今回は2名でフランスの高速列車TGVに乗車する時のお話です。

TGVの仲間達

CopyRight Eurail Group GIE

TGVの機材タイプは開業後、様々なタイプが製造されてきましたが、現在営業運手されているのは大きく分けて下記の4つのタイプがある。

  • 2階建てのデュプレックス型(8両編成)
  • 1階建てのピーオーエス型(8両編成)
  • 1階建てのアトランティック型(10両編成)
  • 1階建てのシュドイースト型(8両編成)

もっと細かく言うと、前期型・後期型、さらに、リニューアル型がありまます。

チケット手配上のTGVの弱点

CopyRight Eurail Group GIE

チケット手配上の弱点は各TGVの進行方向が公式に発表されていないこと。

隣同士で座席を確保したとしても、当日、二人とも進行方向逆向きになっているリスクがあります。

ただ、この弱点に屈することなく、矛盾するようですが「進行方向を確約するテクニック」があります。

それは、、、

TGVのお勧め座席

アトランティック型の車内

テーブル付き一人掛け座席の向かい合わせ の座席。

この座席は1等車両にのみ設置されております。

2名の旅行であれば他人と相席になることはなく一人は必ず進行方向が確約されます。

ただ、座席数は限られていて、車両の中に1か所しかないTGVもあります。

また、2階建てタイプのTGVは眺めの良い2階席を確保すると更に快適な鉄道の旅を楽しめます。

2等車両には一人掛け座席はありません

他人と相席になる四人ボックス席になるリスクを避け、ちょっと得した気分でTGVの旅を楽しで下さい。

おまかせ予約

おまかせ予約とは、列車の選択・座席の選択・チケットの組合せなどを鉄道マニアに全て“おまかせ”してチケットを予約したい方の申込方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です