ヘルシンキ空港からロバニエミへ行くテクニック

日本の旅行会社に鉄道チケットを卸し続けて20年以上、そんな鉄道マニア 白川純 がお届けするヨーロッパ鉄道シリーズ

今回はヘルシンキ空港からロバニエミへの鉄道のお話です。

ヘルシンキ空港駅の仕組み

ヘルシンキ空港周辺の路線図

ヘルシンキ空港には空港駅(Lentoasema)があります。

リングと呼ばれている近距離交通線(JR東日本で言うところ山手線のような列車)が空港駅からヘルシンキ中央駅まで運行しています。

ヘルシンキ中央駅発からは18時台出発(時期により異なる)と23時台出発(時期により異なる)の2本のロバニエミ行の夜行列車(サンタクロースエクスプレス)が運行しています。

ヘルシンキ空港に到着後、ヘルシンキ中央駅まで移動してからこの夜行列車に乗る方が多いですが、実はヘルシンキ中央駅まで行かずに空港から10分くらい所にあるTikkurila駅に、この夜行列車が停車(1本だけしか停車しない時期もあり)するので、Tikkurila駅から乗車する方が効率的。

 

 

クリスマスシーズンなどの繁忙期の注意点

Copyright ヨーロッパ鉄道チケットセンター

クリスマスシーズンや年末年始の夜行列車は非常に混雑します。満席で座席が確保できないことが多いです。

2018年から現地(フィンランド)での発売開始日と海外(日本)への発売開始日(輸出開始日)が異なるようになりました。

現地の方が早く発売されるので、日本に輸出開始された時点で既に満席になってしまっているという状況も想定されます。

 

夜行列車が満席で確保できない時

Copyright  ヨーロッパ鉄道チケットセンター

夜行列車が全席満席、何とかならないものか。。。

乗換などを利用した秘密のテクニック3つあります。

そのテクニックを発表してしまうと 秘密 ではなくなってしますので、実際にヨーロッパ鉄道チケットセンターの『おまかせ予約』から申込して下さい。

希望日が満席の場合、その3つの秘密のテクニックでトライします。

 

おまかせ予約

おまかせ予約とは、列車の選択・座席の選択・チケットの組合せなどを鉄道マニアに全て“おまかせ”してチケットを予約したい方の申込方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です