1等座席と2等座席の違い~タリス編~

日本の旅行会社に鉄道チケットを卸して続けて20年以上、 そんな鉄道マニア 白川純 がお届けするヨーロッパ鉄道シリーズ。

今回は高速列車「タリス」の1等座席と2等座席の違いのお話です。

2等座席とは

タリスの2等座席は通路挟んで2席+2席の並びになっているオープンサロンタイプ。食事サービスはありません。ThalysラウンジやNS HighSpeedラウンジも利用できません。

車両製造時に座席の位置と窓の位置との配置に配慮されずに製造されたため、窓側であっても柱が邪魔して車窓を楽しめない場所があるので予約時に注意が必要。

ヨーロッパ鉄道チケットセンター『おまかせ予約』で申込むと、自動的に景色の妨げとなる柱の位置を避けた座席で手配してもらえます。

1等座席とは

タリスの1等座席は通路挟んで2席+1席の並びになっているオープンサロンタイプ。

1等座席のチケットは大きく分けてプレミアムチケットとディスカウントチケット(早割・鉄道パス割など)に分かれます。プレミアムチケット所有者のみに食事サービスとラウンジサービスがあります。

一人で旅行の場合は、一人掛け座席を確保すると他人と相席になることはありません。

二人で旅行の場合は、テーブル付一人掛け座席の向かい合わせを確保すると他人と相席になることはありません。

1等座席も車両製造時に座席の位置と窓の位置との配置に配慮されずに製造されたため、窓側であっても柱が邪魔して車窓を楽しめない場所があるので予約時に注意が必要。

日本から何時間もかけてヨーロッパまで来たのに、車窓を楽しめない座席になってしまうと悲しくてたまりません。

 

ヨーロッパ鉄道チケットセンター『おまかせ予約』で申込むと、自動的に景色の妨げとなる柱の位置を避けた座席で手配してもらえます。

 

他に一部屋だけ個室座席(4名部屋)があります。芸能人や政治家の方などから手配依頼があった時になどにご案内しております。個室座席はディスカウントチケットでは利用できませんが特別料金が発生するわけではなく通常のプレミアムチケットで利用可能。

 

ヨーロッパ鉄道チケットセンター『おまかせ予約』の申込むと、利用者が4名であれば自動的にテーブル付四人掛け座席と個室座席がA案・B案として手配してもらえます。

おまかせ予約

おまかせ予約とは、列車の選択・座席の選択・チケットの組合せなどを鉄道マニアに全て“おまかせ”してチケットを予約したい方の申込方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です