ブリットレイルパス

日本の旅行会社に鉄道チケットを卸し続けて20年以上、そんな鉄道マニア 白川純 がお届けするヨーロッパ鉄道シリーズ

今回はイギリスの周遊券 ブリットレイルパスのお話です。

適用範囲

 下記の私鉄(29社)に使用できます。

  1. Avanti West Coast社路線図 – 1⃣
  2. c2c社 – 路線図
  3. Caledonian Sleeper社路線図 – ⓫
  4. Chiltern Railways社路線図
  5. Cross Country社路線図 – 2⃣
  6. East Midlands Railways社 – 路線図 – 3⃣
  7. Gatwick Express社(空港エクスプレス)
  8. Grand Central社 – 路線図 – 4⃣
  9. Greater Anglia社 – 路線図 – 5⃣
  10. Great Northern社路線図
  11. Great Western Railway社 – 路線図 – 6⃣
  12. Heathrow Express社(空港エクスプレス)
  13. Hull Trains社 – 路線図 – 7⃣
  14. London North East Railway社 – 路線図 – 8⃣
  15. London North Western Railway社 – 路線図
  16. London Oberground路線図
  17. Merseyrail社路線図
  18. Northern社 – 路線図
  19. Night Riviera Sleeper路線図 – ⓫
  20. ScotRail社 – 路線図 – 
  21. Southeastern社路線図 – 9⃣
  22. Southern社路線図
  23. South Western Railway社路線図
  24. Stansted Express社路線図 – (空港エクスプレス)
  25. Tfl Rail/Crossrail路線図
  26. Thameslink社路線図
  27. Trans Pennine Express社 – 路線図 – 🔟
  28. Transport for Wales社 – 路線図 – 
  29. West Midlands Railway社 – 路線図
  • 1⃣:任意予約列車の区間:London – Glasgow
                London – Birmingham
                London – Manchester
                London – Holyhead
  • 2⃣:任意予約列車の区間:全線
  • 3⃣:任意予約列車の区間:London – Nottingham
                London – Sheffield
                Norwich – Liverpool
  • 4⃣:任意予約列車の区間:London – Sunderland
                London – Bradford
  • 5⃣:任意予約列車の区間:London – Norwich
  • 6⃣:任意予約列車の区間:London – Cardiff
                London – Bristol
                London – Penzance 
                London – Gloucester
  • 7⃣:任意予約列車の区間:London – Hull
  • 8⃣:任意予約列車の区間:London – Edinburgh
                London – Leeds
  • 9⃣:任意予約列車の区間:LondonStPancras発着の高速列車のみ任意予約列車
  • 🔟:任意予約列車の区間:Manchester Airport – Sheffield
                Manchester Piccadilly – Glasgow Central
                Manchester Piccadilly – Edinburgh
                Manchester Piccadilly – Leeds – Newcastle
                Manchester Piccadilly – Huddersfield
                Leeds – Huddersfield
                Leeds – Newcastle
                Leeds – York
  •  
  • ⓫:全席指定列車

 イギリスには国鉄は存在せず複数の私鉄が運行しています。

 各私鉄が運営している鉄道以外の交通機関(バス・路面電車・地下鉄)には使用できません。

料金の選択

  • 大人料金  :26歳~59歳
  • シニア料金 :60歳以上
  • ユース料金 :16歳~25歳
  • セーバー料金:3名以上で同一行動

※5歳~15歳は大人1名につき1名無料。二人目からは大人料金の半額。

※4歳以下は無料

※1等と2等の料金設定あり

  • イギリスは乗車券が高いので1区間しか乗車しない場合でも1日分余す覚悟で2日間の鉄道パスを買った方が安いケースが多い
  • 空港エクスプレスの切符は結構高いのでブリットレイルパスを使用して効率よく利用することをお勧め

日数の選択

《連続タイプ》

  • 連続2日
  • 連続3日
  • 連続4日
  • 連続8日
  • 連続15日
  • 連続22日
  • 連続1ヶ月

《ユーロフレキシータイプ or フレキシータイプ》

  • 2日間  (有効期間1ヶ月)
  • 3日間  (有効期間1ヶ月):フレキシータイプのみ
  • 4日間  (有効期間1ヶ月)
  • 8日間  (有効期間1ヶ月)
  • 15日間(有効期間1ヶ月)

※ユーロフレキシータイプとフレキシータイプは別々の商品です

ユーロフレキシーとフレキシーの違い

  ユーロフレキシー フレキシー
適用範囲 同じ 同じ
料金 比較的安い 比較的高い
セーバー料金 なし あり
事前バリデード あり なし
  • ユーロフレキシータイプ一度も駅窓口の長蛇の列にならばなくてOK
  • フレキシータイプ最初の一度だけ駅窓口に並んでバリデード(使用開始手続き)をしなければならない
  • ユーロフレキシータイプの方が安い傾向がありますが毎月料金改定があるのでフレキシータイプの方が安い時も時々あり

ヨーロッパ鉄道チケットセンターでユーロフレキシータイプを申込むと、もしフレキシータイプの方が料金が安かった場合は自動的にA案・B案として両方の回答をご案内してもらえます。

列車予約

乗車券所有者の列車予約

  • 全席指定列車はイギリス国内の昼間の列車に存在しません
  • たとえ満席でも立って乗車可能なので乗れないという事はありません
  • 必ず座りたい方の為に予約のできる列車(任意予約列車)の運行あり
  • 任意予約列車の乗車券を買うと自動的に指定券の無料サービスが付いております
  • 自動的についてきた指定券の座席位置が気に入らない場合は予約されていない他の座席に移動可能

ブリットレイルパス所有者の列車予約

  • イギリス国内の全ての列車に予約なしで乗車可能
  • 必ず座りたい方は指定券を追加購入することができる列車も運行あり
  • 座席配列は予約システムの自動配列なので必ず座れる確約だけの為に購入
  • 購入した指定券の座席位置が気に入らない場合は予約されていない他の座席に移動可能

LNER社だけCovid19対策で一時的に全席指定制を導入して乗客が離れた座席に配置されるようになっています。

ブリットレイルパスを購入する前に

ユーレイルパス所有者の列車予約

  • 任意予約列車に乗車する場合だけ必ず指定券を追加購入しなければないというルールあり
  • 座席配列は予約システムの自動配列なので必ず座れる確約だけ
  • 購入した指定券の座席位置が気に入らない場合は予約されていない他の座席に移動可能。

ユーレイルグローバルパス

使用資格

  • イギリス以外の国に6か月以上居住している方
  • 日本に居住しているイギリス国籍の方は再入国許可証の発行が必要

雑学

 各私鉄の運営はフランチャイズ制度なので運営権が頻繁に変わっています。

 例えば2017年にJR東日本がWestMidlandRailway社の運営権を獲得。

 例えば2019年にイタリア国鉄がAvantiWestCoast社の運営権を獲得。

おまかせ予約

おまかせ予約とは、列車の選択・座席の選択・チケットの組合せなどを鉄道マニアに全て“おまかせ”してチケットを予約したい方の申込方法です。