新着現地情報

ヨーロッパ在住の欧州鉄道フォトライター橋爪智之氏の現地リポートです。

【試乗】シュコダ製新型2階建て客車に乗車してみた

ミュンヘン~ニュルンベルク間のミュンヘン・ニュルンベルク・エクスプレス(NIM)用に製造された、シュコダ109E型機関車と新型2階建て客車。2020年11月から営業開始していましたが、コロナの影響でなかなか試乗できませんでした。短い動画ですが、11か月目にして試乗してきましたのでご紹介いたします。
2021年12月4日

さらばプラハのKarosa!引退パレード

チェコの老舗バスメーカーKarosa。2007年にIvecoに吸収され消滅した後も、残った車両が活躍を続けていましたが、プラハからは一部を除いて2021年に引退が決まりました。その引退を記念したパレードが行われました。1メーカーの車両が1都市から引退する、というだけのことですけど、それでパレードをしてしまうのだから、すごいことだと思います。
2021年12月1日

【ミラノ発サンモリッツまで】ベルニナ線で国境越えの旅

イタリア~スイス間の国境を超えるメインルートは、ジュネーブ/ベルン方面のシンプロン経由と、ルツェルン/バーゼル/チューリッヒ方面のゴッタルド経由です。ただ、純粋な都市間移動という枠組みを無視すれば、ティラノを経由してベルニナ峠を抜けて行くルートもあります。 レーティッシュ鉄道のベルニナ線は、世界遺産として非常に有名ですが、移動の途中に乗車するというのがあまり一般的ではなく、イタリア側が紹介されることもほとんどありません。実際、イタリア側はごく普通のローカル線で、スイス側のような華やかさこそありませんが、コモ湖畔沿いを筆頭に紹介されないのが不思議なくらい景色はかなりきれいで、私の著作物では可能な限り紹介するようにしているほどです。 今回は、ミラノを起点として、そのイタリア側を含めてサンモリッツまでの旅をご紹介します。夏休み編もいよいよイタリアを出て、スイスへ突入します。
2021年11月21日

Frecciargento ETR700~Viaggia tra Milano e Bologna / フレッチャルジェント ミラノ~ボローニャ間の旅

少し聞きなれない形式、ETR700型。元々、FYRAのブランドで知られるオランダおよびベルギー向けの高速列車V250型として、2012年12月の冬ダイヤ改正からデビューするも、不具合のためにわずか3週間で運用離脱、その後二度と本線を走ることはありませんでした。改善を試みるもうまくいかず、結局オランダとベルギーが受け取りを拒否、メーカーへ返却されたV250型は行き場を失いました。 イタリア企業のアンサルドブレダ(当時/現日立レールS.p.A)は窮地に立たされ、結局イタリア鉄道がメンテナンスを含む10年契約でこれらを買い取ることに決定。日立に買収された後は、日立が契約を引き継いで供給する形となった。イタリアでの形式はETR700型に決定。 元々の製造は2004年で、最初の営業運転開始まで8年を要し、その後返品されETR700型として再デビューしたのが2019年。なんとまともな営業開始に15年を要したのです。イタリアで使うためにアップデートはしたものの基本設計は古く、交直流切り替えで室内灯減光など、最新の車両と比較するとかなり古さが目立ちます。 現在は大きなトラブルもなく、フレッチャルジェントとしてイタリア国内を走り回っています。また高速新線では、最高速度250Km/hで運行されています。
2021年11月16日

Frecciarossa1000~Viaggia tra Venezia e Milano / ヴェネツィア~ミラノ間フレッチャロッサミッレの旅

夏休みの冒険旅続編。 ヴェネツィアからミラノへ移動…なのですが、お昼過ぎに「最後の晩餐」の予約があるにもかかわらず、朝のフレッチャロッサが満席で予約できず、ギリギリの列車で移動することに…ミラノ中央駅到着は、最後の晩餐の予約時間の30分前!果たして、無事に移動して最後の晩餐を鑑賞できるのか…?!
2021年11月13日

【ひたすら動画】Il Treno Regionale nel Nord-Italia / イタリア北部の在来線を沿線撮影してみた

高速列車ばかりが注目を集めるイタリアですが、ローカル線にこそ個性的な列車を多く見かけることができます。今回はイタリア北部の在来線で沿線から撮影を敢行いたしました。ピエモンテ州、ロンバルディア州、エミリア・ロマーニャ州の各地域で、それぞれ個性のある在来線の列車をお楽しみください。
2021年11月9日

ナポリ周辺の近郊路線を探索してみた

ナポリ周辺の近郊路線に乗車し、活躍する列車を追いかけてみました。徐々に姿を消しつつあるチョッパ式のALe724型や2階建て電車ALe426型TAFなど、個性的な車両も見られました。
2021年10月27日

行こう、火の山へ! ベスビオ山へ登ってみた

イタリア民謡「フニクリ・フニクラ」と言えば、火山で有名なベスビオ山。ケーブルカーはすでに廃止されてしまいましたが、バスで山頂付近まで登ることができるのです。ということで、実際に行ってみたのですが…まさかの結末に終わったのでした。
2021年10月25日

観光編】やはりナポリは死ぬ前に見ておくべきか? ナポリの町を歩いてみた

「ナポリを見てから死ね」とよく言われます。ナポリの美しい景色を見ずに死んだら、生きていなかったも同然…ということわざですけど、そのナポリにはそんな美しい場所もあれば、実に生活感あふれる旧市街のカオスな感じなど、また別の意味で「これを見なけりゃ死ねない」と思わせるような不思議な魅力があります。今回は鉄分少な目な「観光編」。お楽しみください。
2021年10月23日

ETR252 Arlecchino 営業運転再開初日を追う!

2021年10月3日、数年前より修復作業が進められていたETR252型車両、通称アルレッキーノ Arlecchinoの復活後最初の営業運転が行われた。小田急ロマンスカーや名鉄パノラマカーに影響を与えたと言われる同車の復活は、イタリアでも大きな反響を呼び、大勢のファンがその雄姿を一目見ようと訪れた。そんな営業開始初日の様子をご紹介しよう。
2021年10月18日

ATAC ローマ市内の交通網

ローマ市交通局ATAC。トラム、地下鉄、バスなどを運行し、市民の生活を支えています。そんなローマ市内の交通網をご紹介します。
2021年10月15日